取扱業務

個人のお客様

離婚・不貞行為の第三者に対する請求

例えばこんなときに 相手との結婚生活が上手くいかず離婚したいが、相手が応じてくれない。

例えばこんなときに 相手と離婚することで合意出来たが、子供の親権は、お互いに譲らない。
また、親権者となったが、相手が養育費を支払ってくれない。

例えばこんなときに 相手と離婚出来たが、財産分与として、相手から金員をもらいたい。

例えばこんなときに 相手が浮気していることが分かったので、浮気相手に損害賠償請求したい。あるいは、浮気していることを理由に、損害賠償請求をされた。

離婚をめぐる紛争も、感情的な対立が強いため、当事者間の話し合いではなかなか解決しないケースや話し合いすらできないようなケースが見受けられます。特に、離婚の問題を抱えることは、精神的に大変な負担であるにもかかわらず、こじれてくると余計に精神的負担が重くなってくると思います。

また、離婚といっても、(1)離婚自体に争いのある場合、(2)離婚自体には争いがないが、子どもの親権を巡って争いがある場合、(3)離婚自体に争いがないが、離婚の条件(財産分与、慰謝料、養育費等)を巡って争いがある場合等様々なケースがあり、離婚に関する問題は多岐に渡るといえます。さらに、例えば、財産分与も対象財産に住宅ローンの残っている不動産があったり、自宅の敷地が夫婦の一方の親の名義となっていたりする場合等一般に解決が容易でないケースもあります。

他方、離婚に関連して、配偶者の不貞行為の相手方に対して、円満な夫婦関係を壊されたということで慰謝料請求をするケースもあります。

このような離婚を巡る様々な問題について、弁護士は、依頼者の方の代理人として相手方と交渉したり、相手方に対して調停や訴訟を行ったりしていきます。

私は、男性側女性側を問わず、離婚問題について対応しています。