取扱業務

個人のお客様

倒産問題

例えばこんなときに リストラに遭い、借金の返済が出来なくなってしまった。

例えばこんなときに 消費者金融に対して、長く返済をしてきたが、借金が減らない。あるいは、完済している。

例えばこんなときに 負債が多く、借金の整理をしたいが、住宅ローンを支払い中の住宅を残したい。

例えばこんなときに 借金の毎月の返済額を減らしたい。

借金を抱え、何らかの事情でその返済が困難になってくると、精神的に非常に苦しい反面で、他に相談し難いということで、誰かに相談することはためらってしまうということもあると思います。

しかし、借金の返済が困難な状況において、生活を立て直すためには、借金をきちんと整理する必要があります。

このような借金を整理する方法は、任意整理手続や、自己破産手続、個人再生手続等があります。

どのような方法をとっていくかは、依頼者の方の負債状況や生活状況を踏まえて、弁護士が依頼者の方とご相談しながら決めていきます。例えば、収入状況から、借金を分割で返済できる見込みがあれば、任意整理手続をとり、弁護士が貸し主と返済額や返済方法等について交渉していきます。また、収入状況から借金を返済出来る見込みが全くなければ、自己破産を裁判所に申し立てるように手続をとり、借金を支払う必要はないという免責決定を得ることを目指します。さらに、将来一定の収入が見込める人で一定の要件を満たす場合であれば、負債(住宅ローン除く)を減額してもらって、返済していくという個人再生手続を裁判所に申し立てるように手続をとる方法もあります。

特に、借金に関する問題は、お一人で悩まずに、まずは、専門家に相談してみることを是非お勧めします。