取扱業務

個人のお客様

交通事故・介護事故

例えばこんなときに 交通事故に遭って後遺症を負ってしまったが、保険会社から提示された損害賠償金額が妥当なものか分からない。

例えばこんなときに 交通事故に遭って怪我をしたが、加害者の言っている事故対応が、自分の認識と異なる。

例えばこんなときに 介護施設において入浴中に、誤って怪我を負ってしまった。

一般に、交通事故後、被害者の方に対して、加害者の保険会社から提示される賠償金額は裁判等で認められる金額より低く抑えられています。

また、交通事故の事故態様に関する認識に争いがあって、加害者の保険会社と過失割合で折り合いがつかないということあります。

その他、交通事故に限らず、例えば、介護施設での事故があったが、施設側と事故態様や損害額で容易に話し合いがつかないということもあります。

このような場合、弁護士がご依頼を受ければ、被害者の方の代理人として、加害者の保険会社等と交渉し、場合によっては、相手方への訴訟等の法的手続をとっていきます。

事故に遭った苦しみや失ったものの大きさは、賠償金で埋め合わせできるものではないと思いますが、弁護士は事故による損害賠償請求についてサポートしていきます。