取扱業務

個人のお客様

不動産(売買、賃貸借、請負工事、隣地に関する問題等)

例えばこんなときに 土地を購入したが、敷地に汚染物が埋められていた。

例えばこんなときに アパートを借りていたところ、突然老朽化を理由に立ち退きを求められた。

例えばこんなときに アパートを退去する際に、原状回復費用との相殺を理由に、差し入れていた保証金を返還してくれない。

例えばこんなときに 隣地との境界について、隣人の主張と異なる。

個人の不動産を巡っては、売買や賃貸借、建築請負工事等様々な契約の場面で紛争になることがあります。また、隣人同士が隣地を巡って紛争になることもあります。

このような場合には、弁護士は、法的観点からアドバイスし、代理人として、相手方と交渉したり、必要であれば、調停、訴訟等の手続をとっていきます。

売買や賃貸借、建築請負工事等の契約当事者間においては、契約書等の書類が重要になってくることがあります。

また、不動産に関する問題は、現場の状況も重要になってくることがありますので、ご依頼をいただいた場合には、出来るだけ不動産の状況を見るようにしたいと心がけています。