取扱業務

個人のお客様

刑事事件・少年事件見

例えばこんなときに 突然、家族が逮捕され、警察の留置場に入った。

刑事事件の被疑者として逮捕勾留されたり、逮捕されなくても被疑者として取り調べを受けたりした場合、あるいは、被告人として刑事裁判を受けることになった場合、弁護士が弁護人として選任されれば、被疑者ないし被告人の権利を守るために活動します。例えば、逮捕勾留された被疑者に対しては、警察署に面会に行って様々なアドバイスをしたり、刑事裁判を受ける被告人については、刑事裁判の中で被告人の情状等を主張立証したりします。

また、未成年者が刑事事件を引き起こして家庭裁判所に送致された場合、弁護士が付添人として選任されれば、少年の環境調整をサポートする等少年の更正に向けて活動していきます、